ノロウイルスの感染を防ぐ〜予防に効果的な消毒方法とは?〜

ノロウイルスが恐れられる理由

ノロウイルスは、熱消毒やアルコール消毒に対して耐性を持っています。また、一度感染したからといって抗体ができるわけではないので、注意を怠れば何度でも感染してしまう恐ろしい病気です。ノロウイルスの消毒を専門とする業者がいるので、感染を防ぎたいのであれば業者に依頼して徹底的に消毒を行いましょう。

ノロウイルスの感染予防に役立つ!汚物処理に必要なアイテム

  • ビニール製の靴カバー
  • ビニール手袋
  • ビニール製のガウン
  • ペーパータオル
  • 感染症予防専用のマスク
  • ゴミ袋
  • 漂白剤
  • バケツ

ノロウイルスの感染を防ぐ〜予防に効果的な消毒方法とは?〜

ウィルス

ノロウイルスの感染ルート

ノロウイルスは、食品を介して人から人へと感染する病気です。手洗いやうがいを行って、清潔さを保ちましょう。また、嘔吐物を介してノロウイルスに感染することも少なくありません。ノロウイルスに感染している人の嘔吐物を処理する時は、使い捨てのゴム手袋やペーパータオルを使用して、処理後はゴミ袋に密閉して廃棄しましょう。ノロウイルスは洗い流せないので、処理に使ったアイテムは全て破棄する必要があります。また、処理に使ったアイテムを放置していると、乾燥して空気感染することがあるので十分に注意しましょう。

細菌

ノロウイルスの症状

ノロウイルスに感染しても、すぐに症状が現れるわけではありません。体内に半日から2日間潜伏した後、腹痛や吐き気、下痢といった症状を引き起こします。また、37度から38度程度の発熱も見られるので、風邪と混同しないように注意しましょう。ノロウイルスの感染力は強力なので、1人感染すれば家族や周囲の人にかんたんに感染します。ノロウイルスに感染した可能性がある場合は、すぐに病院で診察を受けましょう。

細菌

ノロウイルスの予防方法

感染を防ぐためには手洗いうがいも重要ですが、専用の消毒薬を使用して殺菌する方法が一番です。毎日こまめに殺菌する習慣を付けましょう。また、食材を扱うキッチン周りなどは、専門の業者に依頼して消毒してもらうと安心です。感染者が出た場合にも、二次感染を防ぐためにすぐに業者に連絡して、室内やトイレなどに消毒作業を行ってもらいましょう。

ウィルス

ノロウイルス対策の注意点

ノロウイルスが流行すると食材の扱いを注意する人は多いですが、トイレや感染者の嘔吐物から感染することに関しては無関心な人が少なくありません。感染ルートを正しく把握して、事前に予防対策を練りましょう。また、潜伏期間内は感染したことに気付けないので、外出の際にはマスクを着用して他人に伝染したり伝染されることを防ぐことが大切です。